福井大学大学院 工学研究科 
電気・電子工学専攻 
電子物性講座 半導体表面界面(塩島)研究室のホームページ

 

半導体表面、界面、欠陥の基礎物性を地道に評価する研究室

連絡先

910−8507 

福井県福井市文京3-9-1

福井大学 学術研究院 工学系部門

電気・電子工学分野

E-mail: shiojima@u-fukui.ac.jp

研究理念

“界面、欠陥がデバイス特性を支配する”

 日本経済、特に半導体業界の構造的不況のため、企業の有名研究機関においても基礎物性をテーマとする研究者の人口が減少しており、技術の空洞化が懸念されています。20年ほど前は、各研究室に“半導体オタク”と呼ばれるような沢山の引き出しをもち、みんなから頼りにされる方がおられました。その頃の学会予稿集を振り返りますと、同じテーマに対して複数の研究室が検討を進め、議論を戦わせていたことが懐かしく思います。

 本研究室では、まだ手がつけられていない最先端の分野の研究を行うだけでなく、実用化が先行してブラックボックスとなっている基礎物性の部分を理解することにも重点を置いています。家庭電化製品に使われている半導体デバイスにおいても、結晶には欠陥が含まれ、物理現象が十分理解されないまま、店頭に並んでいます。大企業では、大きな予算、人員をかけ、早期に研究成果の実用化を達成し、利益に繋げることが基本方針ですが、大学においては、一旦後退し、じっくりと本質を理解して、その展開を示すことも重要な使命だと考えています。本研究室では金属/半導体界面をテーマの中心に据え、電気的特性、結晶性の評価に取り組んでいます。

2014年2月、HP開設時)

応用物理学会春期学術講演会、27a-G4-1、2013年3月27日、神奈川工科大学、塩島謙次、中村成志、“GaN系材料表面・界面評価の進展 -基礎物性から出発するデバイス性能向上へのアプローチ-”より抜粋。

アメフトの写真は“http://zak2006.seesaa.net/category/1475641-1.html”から引用

NEWS 2015年5月

界面顕微光応答法が英国雑誌”Compound Semiconductorに取り上げられました。

“Probing buried interfaces in Schottky contacts”, Compound semiconductor, Vol 21, Issue 3, Research review, pp. 69-69 (2015)


http://www.compoundsemiconductor.net/archive/

NEWS 2016年1月
オーム社から学部2−3年生向けの教科書”電気電子材料・伊藤利通編著”が出版されました。講義に使いやすいように15章立てとなっており、私は5章化合物半導体材料、11章光エレクトロニクス材料、12賞ワイドバンドギャップ半導体材料の3章を執筆させて頂きました。

http://shop.ohmsha.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000004488&search=%C5%C5%B5%A4%C5%C5%BB%D2%BA%E0%CE%C1&sort=http://shop.ohmsha.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000004488&search=%C5%C5%B5%A4%C5%C5%BB%D2%BA%E0%CE%C1&sort=http://shop.ohmsha.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000004488&search=%C5%C5%B5%A4%C5%C5%BB%D2%BA%E0%CE%C1&sort=http://shop.ohmsha.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000004488&search=%C5%C5%B5%A4%C5%C5%BB%D2%BA%E0%CE%C1&sort=http://shop.ohmsha.co.jp/shop/shopdetail.html?brandcode=000000004488&search=%C5%C5%B5%A4%C5%C5%BB%D2%BA%E0%CE%C1&sort=shapeimage_2_link_0shapeimage_2_link_1shapeimage_2_link_2

NEWS 2017年4月

教授に昇任しました。

福井に来て10年、半導体表面界面研究室として新たなスタートを切ることになりました。今後とも、電極の2次元評価を中心として各種半導体材料の基礎研究に取り組む所存でありますので、ご指導、ご鞭撻をお願い致します。